不妊治療の一つ

カップとサプリ

体外受精とは不妊治療の1つの方法であり、高度生殖医療になります。薬などによって質の良い卵を作り出し、卵ができてから簡単な手術によって採卵していきます。採卵した卵に採取した精子によって受精させ、受精卵を作っていきます。そして成長した受精卵を女性の体内に戻すという方法です。 体外受精では段階によって注意したい点があります。最初に行われるのが採卵ですが、体質によっては採卵前に排卵してしまう恐れがあります。排卵を止めるための薬なども使われて行きますが、採卵前日などは激しい運動などは避けたほうが安全です。 また採卵がうまくいった場合でも、グレードの良い卵が取れるとは限らないのです。卵の状態は採卵してみなければわからないため必ず採卵する必要があるのです。

体外受精を行う前に知っておきたい知識があります。体外受精とは名前の通り、体外で採卵した卵と採取した精子を受精させて受精卵を作り、体の中に戻して着床させると言う方法です。 しかし通常の性行為で妊娠にしなかったり、人工授精で妊娠しなかった場合は体外受精でも受精しないのではないかという不安が出てきます。体外受精を行って受精しなかった場合でも、顕微受精と言う方法でレスキューすることができるのです。 この方法は細い管で精子を吸い取って卵細胞に直接注入する方法です。受精率が高いので通常の体外受精ではうまく受精できなかった場合には次の方法として顕微受精が行われるのです。 体外受精よりも少し費用がかかってしまいますが受精率が上がるのでこの方法を選ぶ人も増えているのです。