妊娠の予測

ピンクのサプリ

好きな時に妊娠するという訳にはいきません。妊娠自体奇跡的なことでもありますので、出来るだけ確率を上げるためにはちょっとした工夫が必要になります。特に年齢を重ねている方などは妊娠力が低下気味になりますので確実なチャンスをものにしたいと思うはずです。排卵日は月に一度しかありませんから、排卵検査薬などを使用して大体の排卵日を特定することが大切になるでしょう。 排卵検査薬を使用したからと言って確実な排卵日が予測できるわけではありません。排卵日にはあるホルモンが分泌されます。そのホルモンを感知することが出来るのが排卵検査薬なのです。陽性反応がでましたら排卵日が近いということなのでそのタイミングを狙ってみましょう。

妊娠するためにはまず排卵日に受精しなければなりません。実は排卵日のタイミングを掴むことが出来たならば受精の確率は80%とも言われています。受精だけなら高い確率で成功することが出来るのです。しかし受精から着床までにはまた確率が減り全体の20%前後しか妊娠に至らない計算になります。計算上ではタイミングを狙えば遅くとも半年後には妊娠することが出来るでしょう。まずはタイミングを掴むことが大切ですから排卵検査薬を上手に利用して大まかな排卵日を特定しましょう。排卵日当日に狙うよりも2日ほど前を狙った方が確率は上がると言われています。排卵日当日には身体の中に精子が待っている状態にした方が実は妊娠力は上がるのです。